BOSSA ETERNA

♪ ボッサ エテルナ ♪
ブラジル ポルトガル語の歌声に、ギターとピアノで奏でる甘く爽やかな音色

ボサノヴァ・サンバ・サンバカンソンの名曲をお届けします
山口夏実&犬塚彩子 デュオ


PROFILE




山口夏実 (YAMAGUCHI Natsumi)

3歳よりピアノを習い始め、国立音楽大学教授児玉氏に師事。
クラシック音楽を学びながらポップス音楽にも親しむ。
またキリスト教系の学校の関係から、教会での奏楽に従事。
短期大学卒業後、家業のレストラン・バーでピアノ演奏を担当。
その後、銀座のクラブ数軒でピアノ演奏者として勤務。

1999年より趣味の美術鑑賞で画廊をまわりながら
展覧会場でのピアノ演奏を依頼され、
美術作品とピアノ即興演奏によるコラボレーションという
独自スタイルを確立する。

2008年には、豊田紀雄氏(現代制作舎代表)の企画、プロデュースで
8名の美術作家との即興演奏「ピアノでめぐる展覧会」のライヴ録音演奏会を
開催。

2009年にライヴ録音CDアルバム「WORKS」をリリース。

ピアノソロで演奏活動をしながら、現在、ボサノヴァ弾き語りの犬塚彩子との
デュオユニット・Bossa Eterna(ボッサエテルナ)で活躍中。


★ 演奏活動略歴 ★

1999年 銀座ギャラリー ゴトウで即興演奏
    以降毎月数カ所のギャラリー、美術館で演奏
2005年 磯良卓司監督 映画「GALLERY」にピアニストとして実名で出演
2008年 セッションハウスホールにてCDライヴ録音コンサート
2009年 文京シビックホールで及川音楽事務所主宰コンサートにゲスト出演
    2011年まで数回出演
    NPO団体「ミタイ基金」(南米の子供支援)主催チャリティーコンサートに出演
    2011年まで4回出演
2010年 岡山県倉敷市はしまやでピアノコンサート開催
    2011、2012はJAZZでDUO出演
2012年 ボサノヴァ弾き語り犬塚彩子と初共演


★ 山口夏実CDアルバム ★

WORKS / Oak Records 現代制作舎

2009年4月発売




犬塚彩子 (INUZUKA Saeko)

サンバ・ボサノヴァ ギタリスト、ボーカリスト、作曲、作詞。
愛知県岡崎市出身。東京都在住。

電子オルガン、打楽器や管楽器に触れながら子供時代を過ごし、
ファッションの学校を卒業してから独学で歌い始め、
ソウル、ロック、ジャズを経て、ボサノヴァ ギター弾き語りへと辿り着く。

2001年に1stアルバムをリリース。
以後、オリジナルやカヴァーを含め、現在約6枚のアルバムをリリース。

2006年 ブラジル リオデジャネイロにてレコーディング。
同時期にブラジル全国放送ラジオ番組にて、
ショーロの巨匠ユニット<エポカ ヂ オウロ>と共演する。

ボサノヴァ カヴァーアルバムのリリースを機に、
シンガポール、韓国でも演奏。

近年は、各地イベントに出演する他、ピアニスト:山口夏実とのユニット、
Bossa Eterna(ボッサエテルナ)での活動も好評を得ている。

都内のバーやレストランを中心に、
サンバ・ボサノヴァ&オリジナルでの演奏活動を継続中。


他、詳細は、こちらをご覧ください。
saeko.info profile